HOMEトピックス

トピックス

国内大会

大分三好ヴァイセアドラー 黒鷲旗出場辞退

2021.04.14NEW国内大会

大分三好ヴァイセアドラー 黒鷲旗出場辞退

 4月30日(金)から始まる第69回黒鷲旗全日本男女選抜大会に出場予定の大分三好ヴァイセアドラーから、チーム内での新型コロナウイルス感染状況を踏まえて、4月13日(火)付けで大会実行委員会に出場辞退の申し出がありました。 主催者である公益財団法人日本バレーボール協会と株式会社毎日新聞社は、この申し出を受理したことをご報告いたします。 感染された方の一日も早い回復をお祈りすると共に、ファンの皆様にもこの決定に対し、なにとぞご理解を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。    なお、4月30日(金)

続きを読む

令和3年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会 4月24日(土)都道府県ラウンド開幕

2021.04.12国内大会

令和3年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会 4月24日(土)都道府県ラウンド開幕

 令和3年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会が、4月24日(土)より開幕します。    本大会は公益財団法人日本バレーボール協会登録規定により有効に登録された中学生以上のチームが参加でき、都道府県ラウンド、ブロックラウンド、ファイナルラウンドの順に行われ、原則トーナメント方式にて日本一を決定する大会です。  都道府県ラウンドは4月~7月にかけて行われ、都道府県ごとに男女各代表の1チームを決定します。都道府県ラウンドの優勝チームには、9月~10月に行われるブロックラウンドへの出場権が付与されます。    都

続きを読む

Vリーグ男子決勝 サントリーが14年ぶりの王座奪還

2021.04.05国内大会

Vリーグ男子決勝 サントリーが14年ぶりの王座奪還

 「2020-21 V.LEAGUE DIVISION1」ファイナルは4月4日(日)、船橋アリーナ(千葉県船橋市)で男子決勝を行い、V・レギュラーラウンド1位のサントリーサンバーズが同2位のパナソニックパンサーズをセットカウント3-0のストレートで下し、14年ぶり8度目の優勝に輝きました。    前日のファイナル3で、ウルフドッグス名古屋をゴールデンセットの末に振り切ったパナソニックは、兒玉康成選手を決勝のスタメンに起用。リベロ永野健選手の堅守や清水邦広選手の強打で食い下がりますが、サントリーはムセルスキ

続きを読む

黒鷲旗大会組み合わせ決まる 4月30日(金)大阪で開幕

2021.04.04国内大会

黒鷲旗大会組み合わせ決まる 4月30日(金)大阪で開幕

   第69回黒鷲旗全日本男女選抜大会は4月30日(金)から、大阪市港区の丸善インテックアリーナ大阪で開催され、出場男女各16チームが挑戦する5月2日(日)までのグループ戦の組み合わせが決定しました。  4チームずつ4つの組に分け、各組で総当たりグループ戦を行い、各組上位2チームがベスト8としてトーナメント戦に進出。5月3日(月・祝)に準々決勝、4日(火・祝)には準決勝、5日(水・祝)の決勝で優勝チームを決定します。  昨年度は新型コロナウイルスの感染拡大により中止となり、第69回の優勝チームは今年に持ち

続きを読む

バレーボール競技に関わる大会等の運営ガイドライン(3/5更新)

2021.03.05国内大会

バレーボール競技に関わる大会等の運営ガイドライン(3/5更新)

 この1年間、新型コロナウイルスの影響で、全国で大会・講習会・研修会などが中止・延期となり、関係のみなさまにはたいへんご苦労をおかけしております。 公益財団法人日本バレーボール協会は、バレーボール競技(インドア・ビーチ)に関わる大会や講習会などの運営にあたり、スポーツ庁、日本スポーツ協会から示された各種の指針や、感染症対策専門家会議での状況分析や提言を踏まえ、2020年7月7日にお知らせした感染拡大予防のためのガイドラインとチェックリストを2021年3月5日、更新しました。  大会開催に当たっては国や自治体のガイドラ

続きを読む

JVA主催国内全国大会 中止・延期について(2/25追記)

2021.02.25国内大会

JVA主催国内全国大会 中止・延期について(2/25追記)

 新型コロナウイルス感染拡大による甚大な被害を憂慮し、弊会(JVA)が単独で主催する国内全国大会(バレーボール・ビーチバレーボール)を、2020年8月末まで中止・延期することといたしましたのでお知らせします。ただし、全国連盟などと共催する大会(ビーチバレーボール・ジャパンツアー、高校総体など)、および日本スポーツ協会主催大会(マスターズ・国体など)につきましては、それぞれの方針に基づき大会の開催可否、延期を慎重に協議いたします。  弊会単独主催である令和2年度天皇杯・皇后杯全日本選手権大会につきましては、8月末までの

続きを読む

Vリーグ女子決勝 JTマーヴェラス2連覇 皇后杯と2冠達成 

2021.02.21国内大会

Vリーグ女子決勝 JTマーヴェラス2連覇 皇后杯と2冠達成 

 「2020-21 V.LEAGUE DIVISION1」ファイナルは2月21日(日)、大田区総合体育館(東京都大田区)で女子3位決定戦と決勝を行い、レギュラーラウンド2位のJTマーヴェラスが、リーグ無敗で同1位の東レアローズをセットカウント3-1で下し、2年連続3度目の優勝を決めました。JTは決勝で東レを倒して優勝した令和2年度皇后杯全日本選手権大会と合わせて、今季2冠を達成しました。    前日の準決勝でNECレッドロケッツを逆転のフルセットで下したJTは、第1セットこそ東レに押し切られますが、第2セ

続きを読む

春高バレー優勝 男子5年ぶり勢いの東福岡 女子25年ぶり粘りの就実

2021.01.10国内大会

春高バレー優勝 男子5年ぶり勢いの東福岡 女子25年ぶり粘りの就実

 ジャパネット杯 春の高校バレー 第73回全日本バレーボール高等学校選手権大会は1月10日(日)、東京体育館(東京都渋谷区)特設コート(センターコート)で男女決勝が行われました。男子は東福岡(福岡)が5年ぶり3度目、女子は就実(岡山)が25年ぶり3度目の優勝を飾りました。  男子決勝は東福岡のエースでアンダーカテゴリー日本代表にも選ばれた柳北悠李選手(3年)が39得点と活躍し、2回戦から勢いよく勝ち上がり優勝をもぎ取りました。第1、2セットは東福岡が終始リードし、第3セットは駿台学園が取り返します。第4セット、駿台

続きを読む

春高バレー 決勝は駿台学園×東福岡 大阪国際滝井×就実に

2021.01.09国内大会

春高バレー 決勝は駿台学園×東福岡 大阪国際滝井×就実に

 ジャパネット杯 春の高校バレー 第73回全日本バレーボール高等学校選手権大会は1月9日(土)、東京体育館(東京都渋谷区)の特設コート(センターコート)男女準決勝が行われました。  女子前回優勝の東九州龍谷高校(大分)は、ノーシードから勝ち上がった大阪国際滝井(大阪)に、第1セット出だしから13連続失点を喫します。その後エース室岡莉乃選手もリズムに乗りきれず、大阪国際滝井は終始クールに試合を進め、6年ぶりに決勝に進出しました。  第2試合もノーシードの就実(岡山)がミスのない緻密なバレーで、前回準優勝の古川学園高校

続きを読む

春高バレー 男子・東山の経過報告について(1/9)

2021.01.09国内大会

春高バレー 男子・東山の経過報告について(1/9)

 第73回全日本バレーボール高等学校選手権大会3回戦を欠場した男子・東山高から選手1人に1月7日、新型コロナウイルス感染が認められた件に関し、その後の経過報告をいただきました。 濃厚接触者と特定された東山チーム(スタッフ4人、選手17人)は8日、指定医療機関によるPCR検査を受け、この中から9日、選手5人に陽性が認められました。状態は微熱と無症状とのことです。罹患された選手の一日も早い回復をお祈り申し上げます。  今後も、管轄の保健所等の関係機関と連携・協力しながら、必要な措置を講じてまいります。   【問

続きを読む

 1 2 3 next →  Last ›

アーカイブ

RSSを表示

Copyright © Japan Volleyball Association. All rights reserved.