HOMEトピックス春高バレー 男子・駿台学園が2年連続の優勝、女子・就実が王座奪還を果たす

トピックス

2024.01.08国内大会

春高バレー 男子・駿台学園が2年連続の優勝、女子・就実が王座奪還を果たす

 

 「ジャパネット杯 春の高校バレー 第76回全日本バレーボール高等学校選手権大会」は1月8日(月・祝)、東京体育館(東京都渋谷区)特設コート(センターコート)で男女決勝が行われ、男子は駿台学園、女子は就実が優勝を飾りました。

 

 男子決勝は2大会連続の優勝を狙う駿台学園(東京)と昨年準優勝の鎮西(熊本)をストレートで下して勝ち上がった福井工大福井(福井)との一戦に。第1セットは両チームとも堅実なレシーブから得意の攻撃を繰り出し一進一退の攻防が続きます。それぞれが持ち味を発揮し終盤まで競り合う展開となりますが、駿台学園の荒井貴穂選手が22点から3本連続で攻撃を決め、25-22で第1セットを獲得します。第2セットは序盤から駿台学園のブロックやレシーブが冴え、福井工大福井の攻撃を封じて大きくリードします。福井工大福井もエース・堤凰惺選手の力強いスパイクで応戦しますが、駿台学園は確実に得点を重ねて25-15でセットを連取します。第3セット、追い込まれた福井工大福井は堤選手や山本快選手にトスを集めて巻き返しを図りますが、駿台学園はセッター・三宅綜大選手が繰り出す多彩なトスからスパイクを重ね、着実にリードを広げていきます。福井工大福井も堤選手や能美偉時選手を中心に思い切りのよいスパイクを決め、一時3点差まで迫りますが、最後は駿台学園が連続得点で福井工大福井を振り切り、2年連続3度目の優勝を決めました。

 

 

 女子決勝は2大会ぶりの王座奪還を目指す就実(岡山)と全国高校総体・国体との3冠を狙う下北沢成徳(東京)の対戦に。第1セットは粘り強いレシーブから丁寧に繋いだ就実が序盤から主導権を握る展開に。下北沢成徳はキャプテン・内澤明未選手のスパイクレシーブで流れを掴みかけますが、就実が押し切り25-17で第1セットを先取します。続く第2セット、巻き返しを図りたい下北沢成徳ですが、押川優衣選手や比留間美晴選手を中心とした就実のブロックに阻まれ序盤から大幅なリードを許してしまいます。その後も髙橋凪選手の強烈なスパイクで勢いに乗った就実が流れを崩さず、最後は岡﨑杏選手のブロックで25-17とし、優勝に大手をかけます。後がない下北沢成徳は第3セット、小山明選手のサーブが走り序盤に流れを掴みます。その後も互角の戦いを繰り広げますが、福村心優美選手のスパイクをきっかけに就実が一気に畳みかけ25-21とし、就実は今大会1回戦から決勝まで6試合を通じて1セットも落とすことなくストレートで勝利を飾り、王座奪還を果たしました。

 

 インターネットスポーツメディア「SPORTS BULL」の『バーチャル春高バレー』では春高バレーの見逃し配信を行っております。詳細はSPORTS BULLの特設サイトをご確認ください。

 

 

■1月8日(月・祝)決勝試合結果

男子

駿台学園(東京) 3-0 福井工大福井(福井) (25-22、25-15、25-21)

女子

就実(岡山) 3-0 下北沢成徳(東京) (25-17、25-17、25-21)

 

■男女個人賞

個人賞一覧(PDF)

 

写真提供:春の高校バレー

関連リンク

大会概要

男子結果速報

女子結果速報

フジテレビ春の高校バレーHP

Copyright © Japan Volleyball Association. All rights reserved.