国際大会

フルセットの末、国際大会では30年ぶりにブラジル相手に勝利 男子ネーションズリーグ

2023.06.23|国際大会

フルセットの末、国際大会では30年ぶりにブラジル相手に勝利 男子ネーションズリーグ

「バレーボールネーションズリーグ2023」予選ラウンド第2週フランス大会第3戦。6月22日(木)にバレーボール男子日本代表チームはFIVB世界ランキング2位(試合開始前時点)のブラジルと対戦し、セットカウント3-2(25-23、25-21、18-25、22-25、18-16)でフルセットで勝利。国際大会では1993年の第4回ワールドリーグ予選リーグ以来30年ぶりにブラジルに勝利しました。

宮浦健人選手をスタメンに抜擢した日本。第1セットでは髙橋藍選手の連続サービスエースで序盤からリードを奪います。関田誠大選手や山内晶大選手のサーブポイントなど、日本は安定したプレーでリードしますが、終盤にブラジルが意地をみせます。日本がセットポイントを握ったところで2連続ブレイクで詰め寄られますが、最後は好調の髙橋藍選手が決めきり日本が第1セットを制します。第2セットでも日本は好調をキープし、小野寺太志選手のブロックや関田選手の巧みなトスでサイドアウトを着実に重ねます。山本智大選手のスーパーディグ、石川祐希選手のカウンターアタックなどでブラジルを押し切り、日本がセットを連取します。しかし、ここからブラジルの反撃が始まります。第3セット序盤はサイドアウトの拮抗した攻防をみせましたが、徐々にブラジルが抜け出します。6点差がついたところで日本はメンバーを入れ替え流れを変えようとしますが、ブラジルの勢いは止まらず、18-25でセットを奪い返します。続く第4セットもその勢いのまま連続ブロックなど要所でブレイクポイントを奪い、試合の主導権を握ったブラジルがそのままセットを連取します。勝負の最終セット、互いに強いサーブで揺さぶりをかける中、ブラジルのコンビミスで日本が一歩リードすると、この日好調の宮浦選手のサーブポイントやスパイクでマッチポイントを得ます。ブラジルは土壇場で14-14と粘り強く戦いますが、最後はこの日21得点を挙げた髙橋藍選手がスパイクを決めて18-16で日本が激戦を制しました。西田有志選手に代わりスタメンに抜擢された宮浦選手はその期待に応え、24得点を挙げる活躍を見せました。

男子日本代表チームの次戦は6月24日(土)にFIVB世界ランキング8位(試合開始前時点)のアルゼンチンと対戦します。ブラジル戦に続き強豪との試合が続く男子日本代表チームへ、引き続きテレビの前から熱いご声援をお送りください。

<次戦>

6月24日(土)20:00 日本×アルゼンチン
※19:30からBS-TBSで放送

写真提供:FIVB