日本代表

火の鳥NIPPONによる「ミズノマッチバレーボールクリニック」を岡山で開催

2022.08.13|日本代表

火の鳥NIPPONによる「ミズノマッチバレーボールクリニック」を岡山で開催

8月13日(土)、「2022女子バレーボール世界選手権壮行試合 日本代表紅白戦 ミズノマッチ in 岡山」が行われているジップアリーナ岡山(岡山県岡山市)にて、ミズノ株式会社協賛の「ミズノマッチバレーボールクリニック」が開催されました。クリニックには35人の地元の小学生が参加し、バレーボール女子日本代表チーム・火の鳥NIPPONの選手・スタッフとともにバレーボールを楽しみました。

クリニックでは、「できるだけたくさんボールに触ろう」という火の鳥NIPPONの川北元コーチの指導のもと、ボールを使ったストレッチやウォーミングアップ、トスやレシーブなどの練習を行い、火の鳥NIPPONの選手たちは子どもたちと目線を合わせて丁寧に教えました。アンダーハンドパスの練習では、リベロの山岸あかね選手と小島満菜美選手がデモンストレーションを行い、「腕を振ったりひじを曲げたりせずに、下半身を使ってボールを上げよう」と具体的なアドバイスをする場面もありました。

その後の質疑応答の時間では、選手にたくさんの質問が寄せられました。その中の一つ、「試合前に緊張をほぐす方法は?」という質問に、山岸選手は「緊張は悪いことではないので、その緊張を楽しもうとすることでほぐれていく」と真剣に答えていました。

最後にお楽しみ会として、眞鍋政義監督と石川真佑選手にじゃんけんで勝った2名の方に選手のサイン入りレプリカシャツがプレゼントされ、クリニックは盛況に終わりました。

クリニック後には小川愛里奈選手から「短い間でしたがありがとうございました。午後は紅白戦があるので、皆さんに楽しんでもらえるような試合をしたいです。また、岡山では今の時期、ぶどうなどの果物がおいしいので、果物を食べてパワーを付けて頑張ってください」と岡山出身の小川選手ならではのお話をしてくれました。

「2022女子バレーボール世界選手権壮行試合 日本代表紅白戦 ミズノマッチ in 岡山」は明日2日目を迎えます。SwipeVideoによるLIVE配信、また会場では11:30から当日券の販売もございますので、ぜひ引き続き応援をお願いいたします!

関連リンク


チケット情報


ライブ配信情報