お知らせ

猫田勝敏氏 国際バレーボール殿堂入りのお知らせ

2023.06.01|お知らせ

猫田勝敏氏 国際バレーボール殿堂入りのお知らせ

このたび、男子日本代表のセッターとして1964年の東京オリンピックから4大会連続でオリンピックに出場し金・銀・銅メダルを獲得、2000年には国際バレーボール連盟(FIVB)から「バレーボール20世紀最優秀賞特別賞」を受賞した故・猫田勝敏(ねこだ・かつとし)氏が、国際バレーボール殿堂(International Volleyball Hall of Fame)入りすると同殿堂から連絡を受けました。これは世界のバレーボール界で顕著な功績を認められた選手として、同殿堂の理事会と選考委員会の投票で選ばれたものです。殿堂入りセレモニーは10月21日(土)、殿堂が所在する米国マサチューセッツ州ホリヨーク市で開かれます。
この殿堂はバレーボール発祥の地アメリカで1978年に設立されたもので、日本からは9人目の殿堂入りとなります。

<参考>日本からの受賞者(殿堂リストでの氏名表記による)

故松平康隆氏(1998年)、故大松博文氏、白井貴子氏(2000年)、森田淳悟氏(2003年)、大古誠司氏(2004年)、故山田重雄氏(2006年)、故河西(中村)昌枝氏(2008年)、豊田博氏(2018年)

■猫田勝敏氏 略歴

生年月日:1944年2月1日(1983年9月4日逝去) /出身地:広島県広島市
学歴・球歴:広島市立古市小学校→広島市立安佐中学校→崇徳高校→専売広島(現JTサンダーズ広島)

<主な国際大会の球歴>
1964年 東京オリンピック(3位)
1965年 第1回ワールドカップ(ポーランド/4位)
1966年 第6回世界選手権(チェコスロバキア/5位)
1968年 メキシコオリンピック(2位)
1969年 第2回ワールドカップ(東ドイツ/2位) ※ベストセッター賞受賞
1970年 第7回世界選手権(ブルガリア/3位) ※ベスト6選出
1972年 ミュンヘンオリンピック(1位)
1974年 第8回世界選手権(メキシコ/3位)
1976年 モントリオールオリンピック(4位)
1977年 第3回ワールドカップ(日本/2位) ※トス賞受賞
1978年  第9回世界選手権(イタリア/11位)

<その他>
・1980年:日本バレーボール協会より「バレーボール栄誉選手賞」を授与
・2000年:FIVB「バレーボール20世紀最優秀賞特別賞」受賞

関連リンク


国際バレーボール殿堂(外部サイト)