国際大会

中国との決勝を制し初の大会優勝 2022AVCカップ女子

2022.08.31|国際大会

中国との決勝を制し初の大会優勝 2022AVCカップ女子

マニラ(フィリピン)で8月21日(日)に開幕した「2022AVCカップ女子」は本日最終日を迎え、越谷章監督率いる女子日本代表チームはファイナルラウンド 決勝で中国と対戦し、3-1(25-23、25-21、19-25、25-16)で勝利。初の大会優勝を掴みました。


試合結果

前回(2020年は中止となったため2018年)大会の王者であり、過去5度の大会優勝を誇る中国との対戦。本大会での最高順位が2位の日本は、優勝に向けこれまでと同じスターティングメンバーで試合に臨みます。高さのある中国に対し、1セットは奪われてしまうものの、サーブを効果的に使い、諦めない粘り強いプレーで優勝を手にしました。なお、決勝終了後に本大会の個人賞受賞選手が発表され、日本からは山中宏予選手がベストミドルブロッカー賞、水杉玲奈選手がベストリベロ賞、そしてキャプテンの柴田真果選手がMVPを受賞しました。女子日本代表チームへのご声援、誠にありがとうございました。

なお、「2022AVCカップ」について、当初本大会での成績はFIVB世界ランキングにAVC大陸ランキングポイントとして反映されるとお知らせしましたが、国際バレーボール連盟(FIVB)よりFIVB世界ランキングには反映されない旨、説明がありましたのでお知らせいたします。なお、AVC大陸ランキングポイントには予定通り加算されます。

本件は新しいFIVB世界ランキングの対象大会に関する記述に対して、解釈の誤りがあったことにより発生いたしました。関係者、ファンの皆さまには誤った認識をお示ししたことをお詫び申し上げます。AVCカップは有望な選手が国際経験を積む機会、また日本代表としてパフォーマンスを発揮する機会であることには変わりはありません。今回その成果を十分に発揮し、男子日本代表チームは準優勝、女子日本代表チームは優勝という素晴らしい成績を収めることができました。日本バレーボール協会は引き続き、FIVBやアジアバレーボール連盟(AVC)と密にコミュニケーションを取りながら、日本代表の強化に取り組んでまいります。

◆2022AVCカップ女子 最終順位

1位: 日本
2位: 中国
3位: タイ

写真提供:AVC(プレー写真のみ)

関連リンク


大会概要


競技日程


メンバー