2022女子世界選手権

  • 概要
  • 競技日程
  • メディア情報
  • 日本代表メンバー
  • 試合結果

概要

大会名称

2022女子世界選手権

開催期間

2022年9月23日(金)~10月15日(土)

開催地

アーネム、アペルドールン、ロッテルダム(オランダ)

グダニスク、グリビツェ、ウッチ(ポーランド)

参加チーム

開催国 オランダ(10位)、ポーランド(12位)
前回大会優勝チーム セルビア(5位)
アジア大陸代表(2チーム) 中国(3位)、日本(9位)
アフリカ大陸代表(2チーム) カメルーン(20位)、ケニア(28位)
ヨーロッパ大陸代表(2チーム) イタリア(6位)、トルコ(4位)
南米大陸代表(2チーム) ブラジル(2位)、コロンビア(16位)
北中米大陸代表(2チーム) ドミニカ共和国(7位)、プエルトリコ(17位)
上記7枠で出場権を獲得していない
FIVB世界ランキング上位11チーム
アメリカ(1位)、ドイツ(11位)、ベルギー(13位)、韓国(14位)、ブルガリア(15位)、カナダ(18位)、タイ(19位)、アルゼンチン(21位)、チェコ(22位)、カザフスタン(23位)、クロアチア(24位※)

( )内は出場チーム決定時(2021年9月20日時点)のFIVB世界ランキング

※2021年9月20日の出場チーム発表時はVFR(ロシアバレーボール連盟)にFIVB世界ランキング枠で出場権が与えられていたが、FIVBが2022年3月1日にロシアの国際大会/大陸大会参加を認めないことを発表。さらに3月17日に行われた本大会の組み合わせ抽選会にて、ロシアに代わる出場チームとして、出場権を得ていないチームの中でFIVB世界ランキング最上位のクロアチアに出場権が与えられたと発表された。

競技方法

第1次ラウンド

参加24チームが6チームずつAからDの4組に分かれ第1次ラウンドを戦い、各組の最終成績上位4チーム(計16チーム)が第2次ラウンドに進む。

第2次ラウンド

第1次ラウンドを突破した16チームが8チームずつE、Fの2組に分かれて対戦する。第2次ラウンドでは8チーム中3チームが第1次ラウンドで同組だったチームとなるが、別組から勝ち上がった4チームのみと対戦し、同組3チームとは対戦しない。各組の最終成績上位4チーム(計8チーム)が第3次ラウンドに進む。

第3次ラウンド

第2次ラウンド同組の1位と4位、2位と3位で準々決勝を行い、勝利したチームが準決勝に進出、そして準決勝の結果に応じて3位決定戦、決勝戦が行われる。

試合進行に関するレギュレーション

・テクニカルタイムアウトはなし

・チームがリクエストできるタイムアウトは1セット2回まで

競技力向上事業

競技日程

第1次ラウンド

D組
日程 現地時間
(日本時間)
対戦カード 開催地
9月24日(土) 20:30
(翌3:30)
ブラジル×チェコ アーネム
(オランダ)
9月25日(日) 14:00
(21:00)
中国×アルゼンチン
14:15
(21:15)
日本×コロンビア
9月26日(月) 14:15
(21:15)
日本×チェコ
18:30
(翌1:30)
ブラジル×アルゼンチン
9月27日(火) 14:00
(21:00)
中国×コロンビア
9月28日(水) 14:15
(21:15)
日本×中国
15:00
(22:00)
ブラジル×コロンビア
18:00
(翌1:00)
アルゼンチン×チェコ
9月30日(金) 14:00
(21:00)
中国×チェコ
14:15
(21:15)
日本×ブラジル
18:00
(翌1:00)
コロンビア×アルゼンチン
10月1日(土) 14:00
(21:00)
ブラジル×中国
18:00
(翌1:00)
コロンビア×チェコ
10月2日(日) 14:15
(21:15)
日本×アルゼンチン

第2次ラウンド

E組
日程 現地時間(日本時間) 対戦カード 開催地
10月4日(火) 14:00(21:00) 未定 ロッテルダム
(オランダ)
17:00(翌0:00)
20:00(翌3:00)
10月5日(水) 14:00(21:00)
17:00(翌0:00)
20:00(翌3:00)
10月6日(木) 15:00(22:00)
20:00(翌3:00)
10月7日(金) 14:00(21:00)
20:00(翌3:00)
10月8日(土) 14:00(21:00)
17:00(翌0:00)
20:00(翌3:00)
10月9日(日) 13:00(20:00)
16:00(23:00)
19:00(翌2:00)

第3次ラウンド

準々決勝
日程 現地時間
(日本時間)
対戦カード 開催地
10月11日(火) 17:00
(翌0:00)
20:00
(翌3:00)
(1): E組1位×E組4位
E組2位×E組3位
アペルドールン
(オランダ)
(2):
17:30
(翌0:30)
20:30
(翌3:30)
(3): F組1位×F組4位
F組2位×F組3位
グリビツェ
(ポーランド)
(4):
準決勝
日程 現地時間
(日本時間)
対戦カード 開催地
10月12日(水) 20:30
(翌3:30)
①: [1]の勝者×[2]の勝者
[3]の勝者×[4]の勝者
グリビツェ
(ポーランド)
10月13日(木) 20:00
(翌3:00)
②: アペルドールン
(オランダ)
3位決定戦・決勝
日程 現地時間
(日本時間)
対戦カード 開催地
10月15日(土) 16:00
(23:00)
【3位決定戦】 ①の敗者×②の敗者 アペルドールン
(オランダ)
20:00
(翌3:00)
【決勝】 ①の勝者×②の勝者

全競技日程

国際バレーボール連盟(FIVB)のウェブサイトをご参照ください。

URL: https://en.volleyballworld.com/volleyball/competitions/women-worldchampionship-2022/schedule/

TV情報

第1次ラウンド

試合日 対戦カード 放送時間 放送局
9月25日(日) 日本×コロンビア 【LIVE】21:00~ TBS(地上波)
9月26日(月) 日本×チェコ 【LIVE】21:00~ TBS(地上波)
9月28日(水) 日本×中国 【LIVE】21:00~ TBS(地上波)
9月30日(金) 日本×ブラジル 【LIVE】20:57~ TBS(地上波)
10月2日(日) 日本×アルゼンチン 【LIVE】21:00~ TBS(地上波)

第2次ラウンド以降の放送予定は、決定次第こちらのページでお知らせいたします。

日本代表メンバー

PLAYER

  • 内瀬戸 真実
    2
    リベロ
    内瀬戸 真実
    UCHISETO, Mami
    • 埼玉上尾メディックス
    • 1991/10/25
    • 172cm/69kg
  • 古賀 紗理那
    3(C)
    アウトサイドヒッター
    古賀 紗理那
    KOGA, Sarina
    • NECレッドロケッツ
    • 1996/05/21
    • 180cm/66kg
  • 石川 真佑
    4
    アウトサイドヒッター
    石川 真佑
    ISHIKAWA, Mayu
    • 東レアローズ
    • 2000/05/14
    • 174cm/64kg
  • 島村 春世
    5
    ミドルブロッカー
    島村 春世
    SHIMAMURA, Haruyo
    • NECレッドロケッツ
    • 1992/03/04
    • 182cm/78kg
  • 井上 愛里沙
    10
    アウトサイドヒッター
    井上 愛里沙
    INOUE, Arisa
    • 久光スプリングス
    • 1995/05/08
    • 178cm/68kg
  • 籾井 あき
    12
    セッター
    籾井 あき
    MOMII, Aki
    • JTマーヴェラス
    • 2000/10/07
    • 176cm/65kg
  • 林 琴奈
    15
    アウトサイドヒッター
    林 琴奈
    HAYASHI, Kotona
    • JTマーヴェラス
    • 1999/11/13
    • 173cm/60kg
  • 山田 二千華
    19
    ミドルブロッカー
    山田 二千華
    YAMADA, Nichika
    • NECレッドロケッツ
    • 2000/02/24
    • 184cm/74kg
  • 福留 慧美
    22
    リベロ
    福留 慧美
    FUKUDOME, Satomi
    • デンソーエアリービーズ
    • 1997/11/23
    • 162cm/61kg
  • 横田 真未
    23
    ミドルブロッカー
    横田 真未
    YOKOTA, Mami
    • デンソーエアリービーズ
    • 1997/12/10
    • 177cm/63kg
  • 宮部 藍梨
    26
    アウトサイドヒッター/ミドルブロッカー
    宮部 藍梨
    MIYABE, Airi
    • ヴィクトリーナ姫路
    • 1998/07/29
    • 181cm/66kg
  • 関 菜々巳
    30
    セッター
    関 菜々巳
    SEKI, Nanami
    • 東レアローズ
    • 1999/06/12
    • 171cm/61kg
  • 宮部 愛芽世
    37
    アウトサイドヒッター
    宮部 愛芽世
    MIYABE, Ameze
    • 東海大学3年
    • 2001/10/12
    • 173cm/61kg
  • 佐藤 淑乃
    38
    アウトサイドヒッター
    佐藤 淑乃
    SATO, Yoshino
    • 筑波大学3年
    • 2001/11/12
    • 177cm/62kg

HEAD COACH

眞鍋 政義
監督
眞鍋 政義
MANABE, Masayoshi
公益財団法人日本バレーボール協会
1963/8/21

試合結果

日本の試合結果

9月25日 日本×コロンビア 第1次ラウンド
チームセットカウント第1セット第2セット第3セット第4セット第5セット
日本
(1勝0敗)
3 25 25 25
コロンビア
(0勝1敗)
0 20 22 17

【第1セットのスタメン】

  • 古賀 紗理那
    3
    アウトサイドヒッター
    古賀 紗理那
    KOGA, Sarina
    • NECレッドロケッツ
    • 1996/5/21
    • 180cm/66kg
  • 林 琴奈
    15
    アウトサイドヒッター
    林 琴奈
    HAYASHI, Kotona
    • JTマーヴェラス
    • 1999/11/13
    • 173cm/60kg
  • 横田 真未
    23
    ミドルブロッカー
    横田 真未
    YOKOTA, Mami
    • デンソーエアリービーズ
    • 1997/12/10
    • 177cm/63kg
  • 島村 春世
    5
    ミドルブロッカー
    島村 春世
    SHIMAMURA, Haruyo
    • NECレッドロケッツ
    • 1992/3/4
    • 182cm/78kg
  • 関 菜々巳
    30
    セッター
    関 菜々巳
    SEKI, Nanami
    • 東レアローズ
    • 1999/6/12
    • 171cm/61kg
  • 井上 愛里沙
    10
    アウトサイドヒッター
    井上 愛里沙
    INOUE, Arisa
    • 久光スプリングス
    • 1995/5/8
    • 178cm/68kg
  • 福留 慧美
    22
    リベロ
    福留 慧美
    FUKUDOME, Satomi
    • デンソーエアリービーズ
    • 1997/11/23
    • 162cm/61kg

【戦評】

【第1セット】

今年度の最大目標である世界バレー(世界選手権)が開幕した。日本にとっては初日のコロンビア戦に勝利し勢いに乗っていきたい。
その第1セットの立ち上がりから長いラリーとなるが、それを制した日本が先取点を上げた。お互いにレシーブで粘る展開で、序盤からラリーが続く。その中、林琴奈選手が難しい態勢から連続スパイクを決め、4-3とリードする。続いて井上愛里沙選手のパイプ攻撃、島村春世選手のブロード攻撃で6-3とリードする。そして、古賀紗理那選手がサービスエースを奪い8-5。横田真未選手もミドルからの攻撃を決めリズムを掴んでいく。11-6と日本がリードを奪うと、コロンビアが1回目のタイムアウトを要求した。古賀選手のブロックで15-8とした日本が優位に試合を進めていく。中盤も長いラリーが続く中、最後は関菜々巳選手がツー攻撃をみせ18-12とした。その後も古賀選手のパイプ攻撃や井上選手のブロックで22-15としたが、コロンビアも反撃を見せて23-19と迫られ、日本が1回目のタイムアウトを要求した。その後、古賀選手がきっちり決め24-19とセットポイントを握り、25点目も古賀選手のスパイクで得点した日本が25-20でセットを先取した。

【第2セット】

日本は林選手、島村選手が得点するも序盤は互角の戦いが続き5-5。井上選手は攻守に活躍を見せ7-5。関選手は落ち着いたトスさばきでスパイカーを生かし、自らもツー攻撃で得点していく。5連続得点を奪い9-5とした場面でコロンビアがタイムアウト。日本もミスが続き、12-10と2点差に詰め寄られるも林選手が決め13-10。お互いの良さを出し合う試合となり、中盤は点を取り合う展開となって16-13と3点差。17-14からは宮部愛芽世選手がリリーフサーブでコートに入ると、コートに戻ってきたボールで打ちやすいトスを上げ、スパイク得点に絡み18-14とした。得点差はさほどつかないが、林選手らが確実に得点し22-17。終盤にきて簡単なミスが出て、22-19とされるとタイムアウトを要求した日本。終盤は厳しい戦いを強いられたが林選手らの活躍で24-21とセットポイントを奪い、25-22からは古賀選手が決め、25-22で2セットを連取した。

【第3セット】

このセットはミドルに山田二千華選手をスタートから起用しスタートした。序盤はリズム良くスタートした日本が5-2とする。しかし、サーブでやや崩され6-6。島村選手のブロード攻撃が見事決まり7-6とし、古賀選手も続き8-6。山田選手も起用に応えスパイクを決めていく。リベロの内瀬戸真実選手はサーブレシーブ、福留慧美選手はディグで自身の良さを出していきチームへ貢献する。林選手のスパイク、井上選手のサービスエースで16-8と中盤を優位に進める。攻撃の手を緩めず、19-10の場面でリリーフサーバーで起用された石川真佑選手は見事にサービスエースを奪い、20-10とした日本。ここから全員で攻撃を仕掛けていき、日本のコンビバレーを展開し23-12と大きくリードを奪った。マッチポイントを握ってから連続失点はあったが、最後は井上選手が決め25-17、初戦をストレート勝ちした。

【コメント】

古賀紗理那キャプテン
「今日は初戦ということで、しっかりストレートで勝ちきれたことはよかった。1つの会場で(同時に)3つのコートを使用して試合をしており、空間の把握は今日で感覚が掴めたと思うので、明日以降、今日よりもいい試合ができるようチームとして頑張っていきたい。明日対戦するチェコはやはり高さのあるチームだと思うので、日本は速いバレーで、チーム力で戦うことで明日以降もしっかり勝ちきれるように、チーム全員で頑張っていきたい」

林琴奈選手
「今日はスタートから勢いを出して、自分たちのバレーができるように頑張ろうとチームで(事前に)話しており、そこは実行できたが、自分たちのミスが多い部分があったので、そこを修正して次に挑んでいきたい。明日の試合もしっかり全員バレーで勝ちきれるよう、最初から最後まで集中して頑張りたい」

福留慧美選手
「(初めての国際大会で)試合に入るまでは緊張もあったが、始まってしまえば自分のやることはディグを上げることなので、そこに集中していた。(そのディグは)あまりボールを触る機会はなかったが、これからの試合ではさらに高いところから強いディグがくると思うので、今後に向けて今日はいい準備ができたと思う。初めてのチームなので、明日に向けて自分自身もしっかり準備をして、今日以上にいい動きができるよう頑張っていきたい」

関菜々巳選手
「とにかく今日勝てたということはすごくよかったが、自分としては反省点の多い試合だったので、明日はしっかり修正していきたい。連戦ということで身体的にきつい部分もあると思うが、その中でも自分たちのベストを尽くして今日より明日、もっといい試合ができるようにしたい」

バレーボール(日本代表)

Copyright © Japan Volleyball Association. All rights reserved.